FC2ブログ

昨日のブログは午前中にアップしました。
地震後の停電は1日足らずで解消したと。

我が家では7日の午前1時過ぎに電気が点きました。
これで町の停電は解消したのだと思い込んでいました。
ところが・・・

7日午後、スーパーに行ったら、途中の信号が消えていて店も暗い。
まだ復旧していなかったのです。
もう人は閑散としていて列はなかったのですが、
やはりスタッフが一人ついて一緒に回りました。
野菜を少し購入して出た後、町の中を少し走りました(車でした)

すると、コンビニやドラッグストアなどほとんどのお店がまだ真っ暗。
信号も街の半分は点いていませんでした。
小学校もまだ復旧していなかったようです。

どうも、電気経路の分かれ方によるようです。
病院や官公庁など早く電気が必要なところに優先的に流れるようで、
家はそこに比較的近いので、経路上にあったのかもしれません。
そう考えると、点いていなかった地域は、離れているところです。

この時に停電していた地域も夜までには解消したようで、
今日は町のいろいろな施設が使えるようになってきたと放送がありました。

ガソリンスタンドは、昨日は午前中は休業していましたが、
午後は営業していたらしく、車列ができていたとダンナが行ってました。
今日はどうかなと思ったら、普通に営業していて、
混雑もなく平常時と同じでした。


今日8日のスーパーは、電気がついて普通に営業していました。
行くまでは、「まだ生鮮品は入ってこないだろうから、
夕食のメインは備蓄品の魚の缶詰かな」と考えていました。
そしたら、肉も魚も野菜も普通に並んでいました
お惣菜も通常の半分くらいありました。
ハムや練り物などの加工品はなく、パンも売り切れ。
でも、町内に豆腐屋さんがあるので、1種類だけ豆腐があり、これは購入。
結果として、夕食は普段と変わらないものを作ることができました。

しかも農村部ということもあり、昨日はお隣からトウモロコシを、
先日は野菜をいただいていたので、かなり助かっています。
ちょうど収穫期というのが幸いしたようです。

個人的には、乳製品が入るようになれば、もう平常の食生活に戻ります。
3日目にしてここまで戻るなんて、思いもよりませんでした。
本当にありがたいことです。

この後大きな余震でまた停電しない限り、平常に戻っていきそうで、
いろんな方から、必要なものがあれば送るから連絡して、
とのメールをいただきましたが、大丈夫そうです。
ご心配をいただいた方々にはお礼申し上げます。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

昨日午前3時8分に、胆振地方東部で起こった地震。
状況が見られるようになってから、その凄さに驚きました。

厚真は北海道に通っていた頃、苫小牧からフェリーに乗る前に
お風呂に入るために立ち寄ることが多かった地。
縁のある地でした。
札幌市内でも被害が大きく、以前生活していた近くでもあるので
様子が気になりました。
時間がかかることも多そうですが、早い復旧と
被災された方々の一日も早い生活の再建を願っています。

上富良野では・・・
緊急メールと揺れがほぼ同時に来て、
上富良野に来て以来の大きい揺れでした。
報道では震度4になっていますが、町発表では震度3のようです。

揺れの後、すぐテレビをつけて、震源・震度状況を把握できましたが
20分ほどで停電が始まりました。
幸い我が家では水が出たのと、停電になってから朝を迎えたので
明るいうちにできることが多く、タイミングとしては
幸いだったのかもしれません。

町の防災無線で、下水処理施設の処理能力の関係から
水やトイレの使用を控えるように等の放送があり、
日中は、トイレはできるだけ回数を減らし、
水は最小限にして、使用後は庭に撒きました。

避難所など町の状況がどうなのかなと、朝少し歩きに出ました。
ガソリンスタンドは車が連なって待ち、開店前にスーパーも長蛇の列。

私もスーパーの列に加わり、開店から1時間半待って店内入り。
時間がかかった理由は、一人にスタッフ一人が付いて回るため。
店内の停電と、会計をスムーズにするためだったと思われます。
一人10点までということで、パン・電池・インスタント食品などを購入。
あちこちの店で列ができていました。

並ぶ間にも周りの会話から、電気の復旧に1週間以上かかりそうだとか
水が出なくなっている家があるなどの情報を得ました。

我が家では、停電後冷凍庫の保冷剤を冷蔵庫に分散し凌ぎました。
昼食は早く食べた方がよさそうなサラダやハム類をパンとともに。

夕食は、前の晩カレーライスだったので、ご飯も冷蔵してあり、
IHコンロの我が家はカセットコンロでお湯を沸かし、
ご飯を小分けして湯煎し温め、カレーは鍋ごと温めて
残っていた付け合せの野菜などとともに食べることができました。

数日そういう生活になると覚悟していましたが、
幸いにして1日足らずで解消しました。
物資を購入するのはまだ少し並ぶことがあるかもしれませんが
とりあえず生活への支障はほぼなくなりました。

1日足らずで解消できたことは本当にありがたく思いましたし、
今回は水が使えたことは本当に幸いでした。
短い間でしたが、頭の中にしかなかった生活を実際に行い
足りなかったもの、今後できる工夫を見直す機会になりました。

多くの方々からご心配のメールをいただきながら、
夜には回線が制限され、メールを送ることができませんでした。
タブレットもWifiが使えず役に立ちませんでした。
ご心配やお心遣いをいただいた方々には感謝しています。
ありがとうございました。

台風21号、大きな被害を出して北上しましたね。
日本に近づいているときから、あまりの強さに怖さを感じていました。

少しでも弱くなってから上陸・通過してほしいと願っていましたが、
願いかなわず、猛烈な威力なまま通過して行ってしまいました。
テレビの映像を見るたびに、その猛威に怖くなります。

一番の心配はやはり三重の実家でした。
築80年越えの古い家やそれに連なる離れや納屋、畑の無花果・・・
ついいろいろ悪い状況を考えてしまいました・・・
暴風圏には入らなかったものの、
最大瞬間風速が午後2時過ぎに35.9m/sと、最近では一番の強さ。
雨は予報ほど多くは降らずに済みました。

結果としては大きな被害はなく、ホッとしました。
2階の木戸の雨戸が1枚飛んでしまったこと、
午後2時過ぎから今朝まで停電したこと、
無花果の木が少し折れたこと、などいろいろありましたが
他で聞く被害の大きさに比べれば、
高齢の父ひとりでも対処できる程度ですみました。

そして夜になって北海道の近づきました。
日本海を北上したので、暴風圏からは離れていた上富良野ですが、
昨日の日中から風が強めでした。
こちらでは午前3時ころが一番風が強く最大23.6m/s。

冬の荒れた時を考えたら、あまり変わらないくらいか弱いくらいなのかも。
でも、風向が南東で、ちょうど寝室に当たる状態だったので
音がひどく、あまり眠れませんでした。

去年の台風で、庭のコキアが倒れたので心配しましたが、
少し傾いたものがあったものの、無事に立っていました。
189 5 1

まだ9月に入ったばかりで、例年台風シーズンはこれからが本番。
今回のような強い台風はもう来てほしくないですね。

台風19号・20号がまた被害を出しながら動いてますね。
この後二つともが北海道に向かってくるようなので、
用心して過ごしたいと思います。

20号では伊勢の実家のことが気がかりでしたが、
最大瞬間風速が30m近く吹いたものの、家への被害はなく、
無花果の支えの紐が切れた程度で済み
実への被害は少なかったようです。
雨量も思ったほどではなかったのでホッとしましたが、
まだ8月下旬、台風シーズンはまだ続くので
心配は尽きません。

実家の辺りでは稲刈りはほぼ終わっています。
その点でも被害が少なく済みました。

ということで、早速新米を送ってもらいました。
188233.jpg


続きを読む

今朝は4℃まで冷え込み、日中は予報ほど上がらず19℃。
朝晩は暖房を入れていました。
明日も今日と同じ感じですが、明後日からはまた低温の予報。
寒暖差が大きすぎる6月です。

9年前の6月9日に北海道に入り、10日に道民になりました。
移住して丸9年が過ぎ、今日から10年目に入りました。

昨年のブログで、その前の年を不本意に過ごしたので、
今年はどうなっているかなと書きました。

結果としては、腰痛と付き合いながらも
研修、仕事で頑張れた期間がありましたが、
現在はまたちょっと・・・な日々になっています。
この後、また立て直して、来年「これができた」と書きたいものです。

数日前の十勝岳
186 1 2
ここから気温が高い日が続いたので、
今はもっと雪がなくなっています。 続きを読む