全国的に今季一番の寒気が入り、また大雪になっているところが出ていますね。
今回は数日間影響があるくらいの強いものですね。
交通にはすでに支障が出ているようですが、生活への影響も心配です。
降雪のある地域ではお気を付けください。

北海道は比較的穏やかな好天になっています。
今朝は晴れて-17.6℃まで冷え込み、今夜も既に-15℃近くなってます。
でも日中は-4℃ほどまで上がる穏やかな日でした。

せっかくなので、旭川で開催されている「旭川冬まつり」に行ってみました。
旭川に出る目的はもう一つあって、今頃ですが「君の名は。」を観ること。

到着時間で旭川での動向を決めようと思い、久々に電車で出ました。
電車の中は海外からの観光客が目立ちました。

旭川駅に着いたのが11時過ぎ。
12時前の上演に間に合ったので、先に観ることにし、
イオン旭川駅前店にあるシネマへ。

映画館に行くのは「鉄道員」18年ぶり。
最新のシステム、館内で、平日ということもありゆったりと見れて満足。

その後、買物公園の氷像を見ながら常盤公園、旭橋河畔会場へと歩きました。
メイン会場の大雪像は・・・
172102.jpg
「夢の動物園」。
旭山動物園開園50周年を記念し、旭山の動物達が作られました。
右側は大きな滑り台になっています。 続きを読む
スポンサーサイト

今日は雲が多めながらも晴れる時間が長く、
気温もプラス0.4℃まで上がり、春めいた感じがありました。

今日は日の出公園で、「かみふらの雪まつり」が開催されました。
と言っても、私が行ったのはイベントが終わろうとしている時間だったので
会場の当日の雰囲気を少しだけ味わっただけですが(*^_^*)
172 5 1
大雪像 続きを読む

15日から17日まで札幌に行っていました。
所用もありましたが、2か月ぶりの札幌を歩きました。

夜は「さっぽろホワイトイルミネーション」見物です。
テレビ塔下の大通1丁目から。

「ラブ・ツリー」
1612179.jpg

続きを読む

7月17日、上富良野町の大きなお祭り
「花と炎の四季彩まつり」
が開催されました。

いつ雨が降ってもおかしくない時間もありましたが、
一日を通して行われたイベントが終わるまでもちました。

メイン会場は日の出公園。
午前10時から20時半までのイベントです。

今の日の出公園は、花が見ごろ。
167172.jpg
ラベンダーもすっかり紫の絨毯となりました。
公園には地元の人だけでなく、観光客もたくさん集まりました。 続きを読む

7月13日、札幌であった小田和正のコンサートに行ってきました。

今ツアー、四日市に続き2度目となりました(*^_^*)

元々、北海道でのツアーは引越しやら「仕事がもし入ったら」などの
懸念材料があって諦めていました。
でも、函館が日程的に行けそうだと思ったものの、出足が遅かったので
チケットが取れなかったことが、札幌公演への火をつけました(笑)

昨年末にファンクラブには入っていて
 (今まで入ってなかったの?という感じですが)
情報を集めてはきましたが、札幌は平日だったこともあり、
先行発売時期にはまだ迷っていました。
結局発売日に勝負に出ることになりました。

久々に手に汗握る、発売時間の10時。
電話回線2つとネットを使いチャレンジ。

電話二つは話し中。
ネットはタッチのタイミングをあらかじめ練習し、タッチ。
繋がりました!
無事に取ることができたわけです。
10分後には販売終了していたので、ラッキーでした。


こうして迎えた13日。
札幌宿泊だったので、別の用事も済ませてホテルにチェックイン。
17時半の開場に合わせて早めに地下鉄に乗り、「豊平公園」で降り
駅直結の「北海道立総合体育センター 北海きたえーる」に到着。
行きの地下鉄はスムーズでした。
167131.jpg

会場ではすでに多くの人が待っていましたが、
平日だったのとドームなどと違い規模が小さいので、
ものすごい混雑感、というのはなかったです。
開演後も、仕事帰りという方が次々に入ってくる感じでした。

今回の席は、スタンドの一番上、しかもステージの斜め後ろ側という
いい席ではなかったのですが、小田さんは会場内の花道を何度も廻るし、
姿よりも歌声、音楽が聞ければ、なので、
かえって圧迫感もなく楽しめました(*^_^*)。

一緒に歌ったり、聞き入ったりしながら、会場全体で盛り上がって
幸せな雰囲気に包まれました。

コンサートの構成は、前半にオフコース時代の曲、
後半に今の曲、と同じ流れですが、
聞く場所で感じるものが違うことを実感しました。

四日市の時に書きましたが、三重は「地元」だったので、
オフコース時代の曲は、聞き入っていたころの情景や気持ちが
蘇るものでした。

札幌で同じ曲を聴いていると、確かに同じように
当時のことを思い出すのですが、「ここじゃない」という場所の違いも
感じました。
逆に後半の曲は、札幌での思い出が出てくるものもありました。

地元でも聞けたからこその発見があった、2回のコンサートでした。

取りにくい小田さんのコンサートに2回も行けた幸運に感謝します。