FC2ブログ

昨日午前3時8分に、胆振地方東部で起こった地震。
状況が見られるようになってから、その凄さに驚きました。

厚真は北海道に通っていた頃、苫小牧からフェリーに乗る前に
お風呂に入るために立ち寄ることが多かった地。
縁のある地でした。
札幌市内でも被害が大きく、以前生活していた近くでもあるので
様子が気になりました。
時間がかかることも多そうですが、早い復旧と
被災された方々の一日も早い生活の再建を願っています。

上富良野では・・・
緊急メールと揺れがほぼ同時に来て、
上富良野に来て以来の大きい揺れでした。
報道では震度4になっていますが、町発表では震度3のようです。

揺れの後、すぐテレビをつけて、震源・震度状況を把握できましたが
20分ほどで停電が始まりました。
幸い我が家では水が出たのと、停電になってから朝を迎えたので
明るいうちにできることが多く、タイミングとしては
幸いだったのかもしれません。

町の防災無線で、下水処理施設の処理能力の関係から
水やトイレの使用を控えるように等の放送があり、
日中は、トイレはできるだけ回数を減らし、
水は最小限にして、使用後は庭に撒きました。

避難所など町の状況がどうなのかなと、朝少し歩きに出ました。
ガソリンスタンドは車が連なって待ち、開店前にスーパーも長蛇の列。

私もスーパーの列に加わり、開店から1時間半待って店内入り。
時間がかかった理由は、一人にスタッフ一人が付いて回るため。
店内の停電と、会計をスムーズにするためだったと思われます。
一人10点までということで、パン・電池・インスタント食品などを購入。
あちこちの店で列ができていました。

並ぶ間にも周りの会話から、電気の復旧に1週間以上かかりそうだとか
水が出なくなっている家があるなどの情報を得ました。

我が家では、停電後冷凍庫の保冷剤を冷蔵庫に分散し凌ぎました。
昼食は早く食べた方がよさそうなサラダやハム類をパンとともに。

夕食は、前の晩カレーライスだったので、ご飯も冷蔵してあり、
IHコンロの我が家はカセットコンロでお湯を沸かし、
ご飯を小分けして湯煎し温め、カレーは鍋ごと温めて
残っていた付け合せの野菜などとともに食べることができました。

数日そういう生活になると覚悟していましたが、
幸いにして1日足らずで解消しました。
物資を購入するのはまだ少し並ぶことがあるかもしれませんが
とりあえず生活への支障はほぼなくなりました。

1日足らずで解消できたことは本当にありがたく思いましたし、
今回は水が使えたことは本当に幸いでした。
短い間でしたが、頭の中にしかなかった生活を実際に行い
足りなかったもの、今後できる工夫を見直す機会になりました。

多くの方々からご心配のメールをいただきながら、
夜には回線が制限され、メールを送ることができませんでした。
タブレットもWifiが使えず役に立ちませんでした。
ご心配やお心遣いをいただいた方々には感謝しています。
ありがとうございました。
スポンサーサイト