FC2ブログ

今日の上富良野は16℃近くまで上がり5月中旬の気温でした。
この後はまた冬に戻るような予報ですが、
今日は服装も春物を引っ張り出してのウォークと買い物。

庭の雪は今日すっかりなくなり、北側に積んであった雪山も、
今日すべて崩し、あとは解けるのを待つだけの状態になりました。
4月1日でこの状態はかなり早いです。

今日から新年度が始まりました。
3月に仕事の話を1件いただいたのですが、少し遠いこともあり
お断りしてしまい、今のところ自宅で過ごす予定です。

新型コロナの影響もまだまだ大きいのですが、
図書館や公民館、運動施設などの公共施設の利用が再開されました。
ウォークの途中、公民館に久々に多くの車が停まっていました。
町内ではこのまま少しずつ動きが活発になっていくのでしょうか。
新たな感染が出なければいいなと思います。

動き始めたものもあれば、止まってしまうものもあります。
4月3日から、富良野の演劇工場で倉本さん脚本・演出の
特別公演 富良野GROUP×鼓童「屋根2020」が開催予定でした。

舞台からは卒業され、テレビの「やすらぎの刻~道」を
最後の脚本と仰りながら、先日最終回を迎えましたが、
今回、また公演をされるということで楽しみにしていました。
しかも鼓童とのコラボです。

確かに、新型コロナのことがあり、参加するのも無理かもと考え、
ダンナは早々と「行かない」と決めていました。
演劇工場としても、少し前から検討をしていましたが、
今日中止の決定が出ました。
国内の状況を考えれば、当然といえば当然なのですが、
やはり寂しいですね。

今日の決定は富良野公演についてのみ、東京公演については
この後の状況を見て決定するようですが、おそらく無理かと思われます。

役者さんたちは、中止を懸念しつつも稽古を積まれていたそうです。
いつか、公演が実現することを願っています。

異例尽くしの状況が起こっている新年度の始まり。
今はとにかくこれ以上新型コロナが広がらずに
収束していってくれることを願うばかりです。
スポンサーサイト



外出自粛の日々

いろいろな鳥に出会います

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)